特殊歯科(障害者(児)歯科・有病者(児)歯科)

障害者(児)歯科

身体障害、知的能力障害、発達障害など何らかの障害により歯科診療が困難な方および歯科治療に不安を感じておられる方の歯科診療を行なっております。

県内における障害を有する方々の受け入れ可能な歯科医院の数は限られております。その中でも、当院は佐倉市を中心に印旛北総地区やその近隣地域の方々のスペシャルニーズ歯科を担って参りたいと思っております。障害のレベルによっては当院での治療が困難な場合もございますが、可能な限り受け入れています。

院内は下足を履き替える必要性をなくして車椅子でもスムーズに診療室に入れるようバリアフリーとなっております。また、院内トイレも車椅子対応となっております。安心して治療をうけることができる環境を整えています。

主な対象の方々

・知的能力障害者
・自閉性障害者
・肢体不自由者
・重度心身障害者
・聴覚・視覚障害者
・先天性障害
・交通事故等による車椅子利用者

治療方針について

患者さんや保護者のご要望をお伺いした上で、行動変容法・笑気吸入鎮静法・静脈内鎮静法・全身麻酔法を検討し、治療をすすめて参ります。

基本的に、当院では行動調整法によるトレーニングを行なっております。治療をスムーズに行うためには、治療に対する不安を取り除くことが重要です。また、治療手順を理解していただくことや治療に対してやる気を引き出すことも成功への秘訣です。その中で、実際に使用する器具を見て触ってもらう等の「系統的脱感作法」を中心に、不安軽減を図りつつ、心と行動を改善させていきます。

患者さんやご家族の方々の精神的・身体的理由(重度の障害を有する方)、緊急な処置が必要でトレーニングのための時間的余裕がない場合、著しい不随意運動等様々な要因で全身麻酔法による治療が有利な場合については、大学病院等の3次医療機関へご紹介させていただきます。

また、歯科治療が終了した後も、う蝕や歯周病を予防する目的で定期的にご来院いただき。一生涯にわたって健康な口腔環境を維持するようサポートを行なっていきます。

日本障害者歯科学会認定医

当院には、日本障害者歯科学会認定医が常時在籍しております。
詳しくは日本障害者歯科学会ホームページをご参照ください。

日本障害者歯科学会

行動調整法について

自閉スペクトラム症患者さんへの視覚支援
自閉スペクトラム症患者さんへの視覚支援(絵カードの活用)

(東京都福祉保健局HP≪作成:多摩府中保健所 企画調整課 保健医療担当≫よりダウンロード可能)

体動コントロール法(抑制法)
体動コントロール法(抑制法)

治療の必要性とリスクを十分に説明し、必ず同意を得て行っております。

精神鎮静法(笑気吸入鎮静法) 精神鎮静法(笑気吸入鎮静法)

30%程度の笑気(効果により若干濃度を調整します)と70%程度の酸素の混合ガスによる薬物学的行動調整法です。

静脈内鎮静法 静脈内鎮静法

連携病院である我孫子聖仁会病院口腔外科での入院下における静脈内鎮静法を行っております。

症例

知的能力障害(40代女性)

知的能力障害(40代女性)

長年、施設に入所していたが、下の前歯が広がってきたとのことで当院を受診.舌突出癖が認められたことで下顎前歯部の歯間離開が疑われ、また長年歯科受診がなかったことから、多量のプラーク・歯石の付着が認められた。数回の行動調整を行い、スケーリング・PMTC(機械的歯面清掃)まで行うことができた。舌突出癖による影響により歯の動揺も認められたため、エナメルボンディングシステムによる暫間固定を行っている。

脳梗塞後遺症患者(70代女性)

脳梗塞後遺症患者(70代女性)

脳梗塞・高血圧およびてんかんを合併する経鼻経管栄養中の寝たきり患者で、上顎前歯相当部歯肉に下顎前歯が接触し、慢性的な潰瘍による疼痛と強烈な口臭が認められた。
CT断層撮影(大脳皮質領域や前頭葉と側頭葉の間であるシルビウス裂に障害を認める(白矢印))により中枢性開口障害と診断された。 継続的な口腔衛生管理(口腔ケア)および開口訓練により、口腔衛生状態と開口量の改善を認めた。

有病者(児)歯科

超高齢社会を迎え、高血圧症、糖尿病、骨粗鬆症、認知症、心臓病、脳血管障害など、総人口に占める有病者の割合は今後さらに増加すると考えられます。
これら全身的な病気を有する方々が安心して歯科治療を受けていただくために、かかりつけ医と連携を取りながら血液検査結果や投薬状況、全身状態を把握して診療をすすめております。

主な対象の方々

・循環器疾患(高血圧・狭心症・心筋梗塞・心臓弁膜症・ 不整脈・先天性心疾患 等)
・呼吸器疾患(気管支喘息・慢性閉塞性肺疾患(COPD))
・腎疾患(人工透析をされている方)
・代謝性疾患(2型糖尿病)
・内分泌疾患(甲状腺機能亢進症・甲状腺機能低下症)
・脳血管疾患(脳梗塞 等)
・肝疾患(肝炎・肝硬変)
・自己免疫疾患(全身性エリテマトーデス(SLE)・リウマチ)
・その他、妊娠中の方・認知症・抗血栓療法中の方

上記疾患を有する方々で受診する際のお願い

歯科治療の際に、病気の内容や服薬している薬で影響が出ることがあります。
安全な歯科治療を受けるために以下の事項をぜひお守りください。

お薬手帳を持っている場合は歯科医院に必ず持参してください。また、お忘れになった場合は次回の受診時に必ず担当歯科医師に見せて頂きますようお願い致します。
ご自身の病気について、病名を把握し、可能な限り治療の進行状態や体調の現状についてお話しをお聞かせ下さい。
最新の血液検査結果などのデータがあれば、ご持参ください。

日本有病者歯科医療学会認定医

当院には、日本有病者歯科医療学会認定医が常時在籍しております。
詳しくは日本有病者歯科医療学会ホームページをご参照ください。

日本有病者歯科医療学会

インスタグラム

歯医者さんがおすすめする歯科医院に選ばれました

求人募集

アクセス
アクセス

京成本線「京成臼井駅」南口から徒歩3分
駐車場:医院横7台、京成臼井駅近くに連携駐車場有り
【詳しくはこちら】

診療時間
  • 午前 9:00~12:30
  • 午後 14:00~18:00
  • 休診 木曜・日曜・祝日
  • ※土曜のみ 14:00~17:00
診療内容
リンク